【魂が喜ぶ活動をしよう】

——人生を成幸(せいこう)に導く偉人のレシピ——

 

 



限界を知るのは
マイナスじゃないんです。

人はいずれ死ぬ。
限界があることも含めて
「生きる」ということは
魂のチャンス。

         山田 太一

 

 


========================================

 

 

 


現在、1日に18,000人、
4.8秒に1人の幼い命が失われて
います。

生きていること自体、
決して当たり前ではないことを
気づかされます。

この世に生を受けたこと
今、生きることを与えられている
ことが最大のチャンスなのです。

人は必ず死にます。

必ず。

だから、「必死」で生きて
いるのです。

死ぬためには、
生きなくては、死ねません。

死を覚悟して生きること。

それは、最大のチャンスを
大切にして生きるということ。

「生きる」チャンスを
「活かす」こと、

そう、「生活」です。

生活とは、
生きて生体として活動すること。

私たちに与えられている
最大のチャンスは活動すること
なのです。

私たちの体の細胞ひとつの
生命活動も奇跡です。

その奇跡の体を動かして、
あなたは生きるという活動を
しましょう。

最大のチャンスを
活かしましょう。

何をやっても自由。

制限を取っ払って、
魂が喜ぶことをやってみよう。

死という限界まで
思いっきり生きてみよう。

今日、生きたくても
生きることが出来なかった
幼い命のことを思えば、

日々の失敗など、
大したことではない。

死ぬこと以外は
かすり傷。

むしろ、傷やケガは
人生の勲章。

夢中になって生きてみよう。

魂が喜ぶ活動をしよう。

愛と感謝と尊敬を込めて、

今日もあなたの心に
情熱スイッチオン!

 

 

 

 

 

 

 

福山市 医療法人幸美会 なかむら歯科クリニック

理事長 中村 幸生

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA