インプラントが取れたら?違う歯医者に行くべき理由と対策法

調べたいことは見つかりましたか?

  • 知りたかった情報がなかなか見つからない
  • 色々調べたけど何が本当の情報加わからない
  • 何を基準に歯科医院を選べばいいかわからない
  • インプラントのデメリットについて詳しく知りたい
  • 自分の口や歯に合わせたアドバイスが欲しい

こんなお悩みの方は、ぜひLINEやメールで無料の相談をお送り下さい。豊富な症例数を持つ当院の歯科医師が責任を持ってご相談に乗らせて頂きます。セカンドオピニオンとしてのご相談も承ります。

広島県福山市 なかむら歯科クリニック

歯科医師 院長 中村幸生

 

1. インプラントが取れた時の初期対応
歯に問題が発生した際、特にインプラントが取れた時は混乱しやすい状況と言えるでしょう。しかし、適切に初期対応すれば悪化する可能性を最小限にします。そこで、インプラントが取れた際の初期対応についてどのようにすれば良いのかをお伝えします。

1.1. インプラントが取れた直後にやるべきこと
一番初めに行うべきことは、自身の口元を清潔にすることです。取れた部分を清潔な布で包み、余計な衝撃から保護します。次に、可能ならば取れたインプラントを回収します。ただし、無理に探さないように注意しましょう。その後、即座に歯医者に連絡を取り、緊急で受診する旨を伝えます。この時、インプラントが取れた経緯や現状の症状を詳細に伝えることが重要です。

1.2. 自己対応は可能?受診までの暫定対策
取れたインプラントの自己対応は基本的に推奨されません。適切な知識や技術がないと症状を悪化させる恐れがあります。しかし、痛みが強い場合や受診までに時間がかかるケースでは、一時的な対策が必要でしょう。市販の痛み止めを使用して一時的に痛みを和らげ、食事はソフトなものを摂るようにしてください。また、一般的な口腔内の衛生管理も欠かさず、感染症を防ぐことが大切です。

1.3. 違う歯医者に行くべき状況とは
通っている歯医者が休診日である、またはすぐに受診できない場合などは、他の歯医者を探すべき状況と言えるでしょう。ただし、インプラント治療の専門知識が必要なため、通常の歯科ではなくインプラント治療を専門としている歯科医を選ぶべきです。また、取れたインプラントを持参し、可能な限り詳細な情報を提供しましょう。インプラント治療は高度な専門性を持つため、実績と信頼がある医師に診てもらうことが大切です。

2. インプラントが取れる原因と予防法
インプラントが取れるという事態は非常に困りますし、重大な口腔内の問題を引き起こす可能性があります。インプラントの取れる原因と、それを防ぐための方法について考えてみましょう。そして、自身の口内環境を健康に保つために、どうしたら良いのかを把握することが大事になります。

2.1. 取れる原因を知る
インプラントが取れるひとつの大きな原因は、その付け方に問題がある場合です。適切な手術を行わなかったり、適切な設計がなされていないと、長期間にわたってインプラントがしっかりと骨に結合せず、取れる可能性があります。また、インプラント手術後、すぐに過度な力をかけすぎると、インプラントと骨の結合が不安定になります。

さらに、骨の量や質が不十分であると、インプラントを支える土台となる骨が十分に機能せず、インプラントが取れる可能性が高まります。例えば、骨の量が不足している場合や、骨がもともと薄い場合、骨の密度が低い場合などもリスクとなります。これらは、初めてインプラント手術を受ける際に、歯科医師と十分に話し合い、評価しておく必要があります。

2.2. 日常の予防法とは
インプラントが取れることを予防するための日常生活の工夫は大切です。まずは口腔を清潔に保つことが必要です。インプラント手術後、特に初期の段階では感染症を引き起こす可能性があるため、適切なブラシケア、フロス、うがいなどを行うことが大切です。

また、タバコは口腔内の血行を悪化させ、インプラントの骨結合を不安定にします。退縮した骨組織は再生せず、インプラントが十分に固定されない状態を生じます。タバコの使用を避け、体全体の健康状態を良好に保つことも重要です。

さらに、適切な飲食はインプラントの安定性に貢献します。食事の摂取方法を工夫し、硬すぎるものや両側にバランスよく咬むことで、過度な力がインプラントにかかるのを避けることができます。

2.3. 定期的な歯科受診の重要性
また、定期的な歯科受診が族インプラント周辺病態の予防と早期発見に非常に重要になります。インプラント周辺の歯肉や骨に問題がある場合、その早期に対処することで、インプラントが取れるリスクを大幅に減らすことが可能です。

定期的な歯科受診では、歯科医師によるケアと、自分自身でのケアによるホームケアの両方が重要になります。歯科医師による定期的なクリーニングや、適宜行われるレントゲンでのチェックにより、問題が早期に発見され、対策が講じられます。また、日々の生活習慣の改善提案や、新たに必要となる治療方針などを診察時に確認できます。

これらを通じて、インプラントを長く、安心して利用するための維持管理を行っていくことが重要なのです。

3. インプラントの再設置について
インプラント治療は、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を製作する治療方法です。しかし、さまざまな理由によりインプラントが不適合になった場合、その問題を解決するためにはインプラントの再設置が必要となります。再設置には適切な手続きと費用が発生し、その詳細について、次の見出しで詳しく説明していきます。

3.1. 再設置は可能か
はっきりとした答えを先に述べると、はい、インプラントの再設置は可能です。しかし、再設置可能であるかは数多くの要素により左右されます。例えば、患者さんの体調や残っている骨の状態、インプラント不適合の原因などです。再設置を行うためにはまず、治療歴や現在の症状等を詳しく検査し、再設置が可能であるかを医師と共に慎重に判断します。再設置が可能であれば、その後の手続きと共に具体的な治療計画を立てていきます。

3.2. 再設置の手続きと期間
インプラントの再設置の手続きと期間は、患者さんの健康状態や治療経過、その他の要素により大きく変わります。一般的に、まず不適合となったインプラントを取り出し、その後に骨を再生させる治療を行います。この骨再生治療の期間が最も時間を要し、約2~6ヶ月程度必要とされています。その後、再度インプラントを設置し、さらにその上に人工の歯を製作し装着します。全体の治療期間としては、通常6ヶ月から1年程度となります。

3.3. 再設置の費用と保険適用
再設置の費用は、再度インプラントを設置するための手術費用、骨再生治療に必要な費用、そしてそれらの治療に伴う検査費用などが含まれます。具体的な金額は施設や治療内容により異なりますが、一般的には数十万円から数百万円程度とされています。そして、大事な保険適用についてですが、残念ながらインプラント治療は保険適用外の自由診療となっており、つまり保険は適用されません。ただし、各診療所によっては分割払いや治療費用のサポート制度を設けている場合もありますので、詳細は直接診療所に問い合わせることをおすすめします。

4. 違う歯医者での治療について
歯医者は、みなさんの重要なパートナーであり、口腔保険の頼りの存在です。しかし、何らかの理由で現在通っている歯医者を変えたい、もしくは違う歯医者で治療を受けたいと考えることもあるでしょう。予約が取りやすい、口コミが良かったなど、違う歯医者への期待も高まります。違う歯医者でも、同じように高品質な治療を受けられるのでしょうか。そのポイントや移行の際の注意点などについて、詳しい解説をしましょう。

4.1. 違う歯医者でも治療可能か
現在、従っている歯医者とは別の歯医者でも治療は受けられます。治療は複数の歯科医院で進行することも可能ですが、その際には丁寧な説明や情報共有が必要となるでしょう。なぜなら、違う歯医者でも同じ問題点を把握し、適切な治療方針を立てるためには、過去の治療内容や現状の口腔状態を理解していることが重要だからです。それらの情報は、患者さん自身がきちんと伝えるか、既存の歯医者からの担当変更書などを通じて転送することで維持されます。

4.2. 選び方のポイントとは
違う歯医者を選ぶ際のポイントは、何を重視するかによります。設備の良さ、治療技術、信頼性、待ち時間、治療費など、自分にとって重要な要素を考えることが基本的な選び方となります。また、口コミや患者の評価も参考になるのですが、そこで注意が必要なのは、口コミは個々の感じ方や価値観が反映されているため、一概に信じるのではなく自分でもしっかりと確認することが必要だという点です。最終的には、自身が安心して治療を受けられるかどうか、その歯医者に対する信頼感が最も重要なのです。

4.3. 違う歯医者への移行の注意点
違う歯医者への移行時には、情報の共有が大切であり、特に治療途中でもしっかりと過去の病歴や治療経過を伝えなければなりません。現在治療中の箇所がある場合や治療を受けてきた歴史がある場合は、歯科医院側にプリントアウトやデータをもらって、それを新しい歯医者に提供するのも一つです。使われていた薬やアレルギーについても伝えておくべき事項です。現在進行中の治療については、なるべく早く新しい歯医者に知らせ、また理想的には治療計画についても情報を共有した方が良いでしょう。

5. インプラントが取れた体験談
私自身が経験したインプラントが取れるというトラブルについて綴ります。以前、歯がなくなった部分にインプラントを入れましたが、いくら磨いても口内がきれいにならず、違和感を感じました。数日たつと、その違和感が大きくなり、ついには痛みを伴うようになりました。びっくりすることに、ミラーで口の中を覗いてみると、インプラントが取れかかっているのを見つけました。これ以上自己判断で痛みを我慢しようとは思えなかったので、すぐに歯医者へ向かったのです。

5.1. 体験者の対処法と後の経過
急な痛みに驚き、すぐに取れかかったインプラントのある歯医者へ向かいました。しかし元の歯医者は休診日であり、他の歯医者に行くことを余儀なくされました。新たな歯医者はインプラントの取り扱いに慎重で、まずはすぐに抜いて新しいインプラントを入れるのが良いとの判断でした。その後、新しいインプラントの装着と口内の管理について指導を受け、さらなるトラブルを避けることに成功しました。経過は予想よりもスムーズで、取れかけていたインプラントの痛みもなく肉体的、精神的苦痛から解放されました。

5.2. 体験者が感じた違う歯医者のメリット・デメリット
その経験を通して、僕自身が感じた違う歯医者のメリットとデメリットをお伝えします。一番感じたメリットは、新たな視点でのアドバイスが得られたことです。取れかけていたインプラントがもしも再度起こった場合の対処法も教えてもらえたため、安心感を得ることができました。また事前予防という観点からの指導もあり、口内環境の管理方法について新たな知識が増えました。一方デメリットとしては、初めての歯医者であるため、過去の病歴や治療の経過を説明する時間が必要だったことです。

5.3. 違う歯医者で治療を受けた結果
結果として、違う歯医者で治療を受けたことにより、インプラントの問題を解決することができました。新たな歯医者から得た違った視点と新たなインプラントにより、口内環境が安定し、違和感や痛みは無くなりました。また、自己ケアについても新たな情報を得ることができ、口内環境を保つための具体的なアクションをとることで、さらなるトラブルを未然に防ぐことができました。この体験は、歯科医院を変えることで得られる新たな知識や視点の重要性を改めて教えてくれました。

6. インプラント治療の注意点
インプラント治療は、虫歯や歯周病などで失ってしまった歯を自然な見た目と機能を取り戻すための治療方法です。しかし、その取り扱いには注意が必要です。なぜなら、インプラントは本来の歯と異なり、歯肉や歯槽骨と完全には一体化しきれないからです。十分なケアや管理が必要となります。

6.1. 正しいケア方法とは
インプラントのケアは、日々の生活の中で大切なものです。なぜなら、インプラントが体になじむことは可能ですが、一方で感染症を引き起こす可能性もあります。そのため、正しいケア方法を理解し、実行することが重要となります。具体的には、歯磨きや口内洗浄、定期検診などがあります。

まず、歯磨きは一日2回、朝と寝る前に行うことが基本です。ただし、インプラント周辺を磨く場合は注意が必要です。丁寧に磨きすぎると、インプラントの表面を傷つけ、感染を招く場合もあります。そのため、柔らかいブラシを使い、ソフトに磨くことを心掛けてください。次に、口内洗浄も重要です。口内洗浄液を使って、歯磨きで落とし切れなかった細菌を洗い流しましょう。そして、インプラントを長持ちさせるためには、定期的な歯医者での診察が欠かせません。歯科医師や歯科衛生士による専門的な検診やクリーニングが、インプラントの寿命を延ばすために必要となります。

6.2. インプラントの寿命と交換時期
インプラントの寿命は個人差がありますが、一般的には10年から20年程度とされています。この期間は、インプラントの種類やケア方法、体質などによるため、一概には言えません。しかし、正しいケアと定期的な診察によって、20年以上持つこともあるのです。また、健康な口内環境を保つことも、インプラントの寿命に直結します。

さて、インプラントの交換時期はどのように決まるのでしょうか。それは、インプラントの状態や口腔内の健康状態を医師が診断し、判断します。例えば、インプラント周辺の歯肉が腫れたり、インプラントがぐらついたりした場合、それは交換時期のサインかもしれません。疑問に思ったら、すぐに歯科医師に相談しましょう。

6.3. 健康保険と自由診療の違い
歯科治療には、健康保険を利用した診療と自由診療があります。健康保険を使用すると、一部の治療費が補助されますが、自由診療では患者さん自身が全額を負担することになります。どちらを選択するかは、自分の治療費負担の範囲や希望する治療内容などによります。

インプラント治療は高度な技術と時間が必要なため、自由診療が一般的です。保険適用外の治療ではありますが、それは最先端の技術を活用し、高品質な治療を受けることができます。自由診療の場合、具体的な治療計画や費用について事前に説明を受けることが可能ですので、不明点は遠慮せずに質問してみてください。通常の歯科治療とは異なる点でしょうが、自身の健康状態や生活の質を向上させるための重要な選択となります。

7. 違う歯医者に行くメリット
大切な歯の健康を管理する為に、どの歯医者を選ぶかは重要な事です。しかし、たとえ信頼している歯医者があっても、一度違うクリニックを訪れてみることには多くのメリットがあります。これには、新たな視点から治療プランを提案してもらったり、より適した治療方法を選べたりするチャンスがあるからです。なお、知識を広めることは、治療への不安を軽減するのに役立ちます。

7.1. 違う視点からの治療プラン提案
歯科医療の専門家はそれぞれ独自の経験と知識を持ち、病状に対するアプローチも異なります。同じ病状でも、治療法は一様ではなく、患者一人一人に合う方法が存在します。それ故、一つのクリニックだけに頼らず、違う歯医者に受診してみて、多角的な視点から治療プランを提案してもらうことは、最適な治療を受ける一つの方法といえます。違う医師の意見を聞くことで、思いもよらぬ新たな視点や提案がもたらされることもあります。

7.2. より適切な治療方法の選択
異なる医療機関に受診することで多くの選択肢が増えます。歯科治療は専門的な技術と知識を必要とし、全てのクリニックが同じような治療を提供している訳ではありません。先進的な治療を提供するクリニックや、特定の症状に特化した治療を行うクリニックも存在します。違うクリニックに行くことで、普段自分が接することができない新しい治療法や医療技術に出会う機会が広がります。

7.3. 患者の不安の軽減
治療は患者にとって不安を伴うものです。しかし、適切な知識を持つことで不安は軽減できます。違う医療機関を訪れるという行為は、新たな情報や視点を得るだけでなく、自分の症状や治療方法を理解する手助けとなります。また、様々な医師の提案を聞くことで自身の治療に対する信頼感が増す事もあります。それは、判断材料が増えることで、自分自身で治療方法を選択できる自信を持つことに繋がります。

8. よくある質問とその回答
あなたが抱えている疑問や疑念を解きほぐし、より理解を深めるために、これからはよくある質問とその回答を提示してまいります。課題や問題を解決するために、皆さんのどういった問いに対して、具体的な解答を行い、回答の理解を深めてもらうことが目的です。参考になる情報を提供し、皆様の不安を軽減するために、質問とその解答を詳しく述べてまいります。

8.1. 通常の保証期間とは
保証期間とは、商品の初期不良または製造不良による問題を、メーカーが無償で修理または交換を行う期間を指します。基本的に製品が販売された日から保証期間は開始となります。保証期間の長さは商品やメーカーによりますが、一般的には1年間が多いです。この保証期間内に製品に不具合が発生した場合、原則無料で修理や交換が行われます。

ただし、保証期間内であっても、お客様のほうで故障を招いた場合や、適切な使用方法を踏まえず起きたトラブルなど、自己責任の範疇とされるケースでは、保証の対象外となることがあるのです。また、保証書の提示を求められることもありますので、大切に保管しておくことが推奨されます。

8.2. 取れたインプラントの管理方法
インプラントが取れた場合、どのように管理すべきかを説明いたします。まず、インプラントが抜けてしまった時点で、直ちに担当の歯科医師に連絡すべきです。そしてなるべく早く診療所で再調整または再装着を行うことが大切です。

また、インプラントが外れてしまった場合は、決して無理に戻そうとしないでください。正しい位置に戻せず、インプラント本体や周辺の組織にダメージを与える可能性があります。インプラント部品が外れてしまった場合、それを清潔な場所に保管し、自己判断での再装着は避けるようにしましょう。

8.3. インプラントの種類と特徴
事実として、全く同じ形状、材質のインプラントは存在しません。それぞれが独自の形態や性質を有し、患者さんの口腔内状況や希望に対応できるように設計されています。主に使用されるインプラントの種類は、体内に埋め込む部分の形状や、ブリッジなど上部構造をどのように接続するかにより大きく分けられます。

同時に、インプラントの素材にも特性があります。多くのインプラントはチタン製で、体に対する生体適合性が高く、耐久性に優れています。また、患者様のアレルギーや金属感に配慮し、セラミック製のインプラントも存在します。それぞれの種類に応じて、治療のアプローチが異なり、適切なケアと対応を求められます。

インプラント専用サイトインプラント専用サイト
FacebookTwitter
次の記事

インプラントができない人のための治療法と注意点

インプラントのメンテナンス方法と長持ちの秘訣とは

前の記事

関連記事

インプラントは医療費控除の対象!所得税を軽減するポイントを解説
歯科ブログ2021.08.06

インプラントは医療費控除の対象!所得税を軽減するポイントを解説

広島県福山市 なかむら歯科クリニック 歯科医師 院長 中村幸生 インプラント治療も医療費控除の対象です。インプラント治療

インプラント治療の優位性(メリット)とは?
歯科ブログ2023.01.13

インプラント治療の優位性(メリット)とは?

広島県福山市 なかむら歯科クリニック 歯科医師 院長 中村幸生 インプラントは失った歯を補うため、人工歯根を歯の根っこの

インプラントがぐらつく原因は?対処法も併せて解説!
歯科ブログ2022.03.30

インプラントがぐらつく原因は?対処法も併せて解説!

広島県福山市 なかむら歯科クリニック 歯科医師 院長 中村幸生   インプラントは天然の歯と異なり、顎の骨と結

インプラント・ブリッジ・義歯を比較
歯科ブログ2022.04.28

インプラント・ブリッジ・義歯を比較

広島県福山市 なかむら歯科クリニック 歯科医師 院長 中村幸生 歯を失ったときの治療法にはインプラント・ブリッジ・義歯が

インプラントとは?|インプラントの基礎知識
歯科ブログ2021.11.05

インプラントとは?|インプラントの基礎知識

広島県福山市 なかむら歯科クリニック 歯科医師 院長 中村幸生   インプラントの総称は、体の中に埋め込む器具

糖尿病の人はインプラント治療ができるのか?
歯科ブログ2023.08.07

糖尿病の人はインプラント治療ができるのか?

広島県福山市 なかむら歯科クリニック 歯科医師 院長 中村幸生 「糖尿病の人はインプラント治療ができるの?」と疑問に思っ