審美歯科|福山市 なかむら歯科クリニック

診療内容

審美歯科

白い歯の種類

審美歯科 白い歯の種類 審美歯科治療とは、「歯の機能を回復させる」「歯を美しく健康的にする事で、自信を回復させる」ことです。

審美歯科治療は一般的に見栄えを良くすることや、単に歯を白くする事だと考えられがちですが、外見上見える部分などと違い口の中の噛む機能を回復させ、その上でさらに歯を美しく見せる事と当院は考えています。

また、機能的に問題のない患者様には、より歯を美しく見せるために、ホワイトニングやクリーニングといった治療があります。

ジルコニア

審美歯科 白い歯の種類 人工ダイヤに使用される丈夫で白いジルコニアに、周りの歯と自然に馴染みやすいように色をつけたもので、金属不使用のため、金属アレルギーを起こしません。耐久性があり、よく噛む奥歯への使用に適しています。白さと強さを求める方にお勧めです。

e.max(オールセラミック)

審美歯科 白い歯の種類 100%セラミック(陶材)を使用したもので、審美性が高く、自然で透明感のある歯に近づけます。金属不使用のため、金属アレルギーを起こしません。一番自然な歯に見えるので、お口を開けた時に見えやすい前歯部に適しています。

メタルボンド

審美歯科 白い歯の種類 メタルボンド(MB)とはセラミックとフレームの金属で造られています。歯を全体的に覆う金属のかぶせ物(クラウン)を製作し、セラミックを焼付ける方法です。

最もポピュラーな歯の治療法で、セット後の満足度が高いです。 従来の「プラスティック」(前歯の被せ物の白い部分に使用)と比較すると、表面の密度が高いため、とても硬く、また色素の付着や吸着がおこりにくいので、色がほとんど変化しません。

「プラスティック」の欠点「変色」「すりへり・磨耗」を、飛躍的に改善した材料です。 しかし、メタルボンドはその硬さゆえ、自然な「すりへり」がおこりにくく、咬み合わせの調整を慎重におこなう必要があります。

また、金属の種類によっては、歯肉(歯茎)の黒ずみ変色や金属ア レルギーなどのリスクもあります。

硬質レジン前装冠(保険治療)

審美歯科 白い歯の種類 硬質レジン前装冠とは、中身は金属(金銀パラジウム合金など)で、外から見える部分にのみレジン(プラスチック)が貼り付けられているクラウン(差し歯)です。

保険で前歯のクラウンを作る場合には、ほとんどの場合この硬質レジン前装冠になります。

保険適応なので治療費が安いというメリットがありますが、この「レジン」というのはいわゆる「プラスチック」なので、時間が経つと段々変色してきます。

プラスチックで出来た青色のゴミ箱に水垢が付いているのを見たことがありませんか? この水垢はいくら洗っても取れませんが、要はこれと同じことが起こってしまうわけです。

治療を始める前に

審美歯科 白い歯の種類 被せ物を造るうえで、様々な材料があり、保険治療・自費治療があります。それぞれに利点・欠点があり、各患者さんのニーズに合わせた物が一番最適だと、私たちスタッフは考えています。

また、口腔内状況・かみ合せの状態により適応外になる場合もありますので、詳しくはスタッフまでお尋ねするようお願いします。

TOP
院内ストリートビュー!

院内を360度のパノラマビューでご覧いただけます。

院内を360度のパノラマビューでご覧いただけます。