妊婦さんへのメッセージ 育児を頑張るお母様方へ|福山市 なかむら歯科クリニック

生涯治療

妊婦さんへのメッセージ

ムシ歯予防はお母さんのおなかの中から

妊婦さんへのメッセージ 赤ちゃんの歯の形ができるのは妊娠3ヶ月ぐらい胎児の頃からです。また最初に生える永久歯もすでに芽ができ始めています。つまり妊娠に気がついた時から子供のムシ歯予防は始まっているといえます。

妊娠中はなにかとトラブルが出やすい時期なので、妊娠の前から定期的に予防治療を受け、セルフケアを怠らないことが必要です。

出産後は育児に追われて、なかなか通院する時間がとれませんので、比較的時間のとれる時期(特に安定期)に、無理のない範囲で治療や予防処置を行うようにしましょう。

お子さんの虫歯の原因の元となる虫歯菌はお母さんの口の中から移る可能性が一番高いと言われており、妊娠中の頃からご自身のお口の健康に気をつけることが子供の歯を守る第一歩と言えます。

妊娠性歯肉炎

妊婦さんへのメッセージ 女性の場合、妊娠時に発病する歯肉炎がきっかけとなり、その後歯周炎になることも多いといわれています。妊娠中のホルモンの変化は、歯肉(歯ぐき)の粘膜の抵抗性を失わせ、炎症をおこしやすくします。女性ホルモンの変化が歯周病に悪影響を与えることもわかっています。

「子供を1人産むたびに歯を1本失う」と言われたように、妊娠・出産は女性の口の中をむしばむ傾向があります。

歯周病というと「中高年男性がかかっている」とイメージされがちですが、実は歯周病にかかりやすいのは妊婦と言われているのをご存知ですか?

というのも、妊婦は“つわり”のせいで、歯ブラシをお口に入れるだけで気分が悪くなり、オーラルケアがおろそかになり、歯周病の原因となるプラークをためやすくするからです。

また、歯周病を起こす菌の中には、妊娠中に出される女性ホルモンを栄養とする細菌がいて、歯ぐきに炎症を引き起こし、歯周病を発症・悪化しやすくしています。

いずれにしても、妊娠中はいろいろな理由により口の中が不潔になりやすく、歯周病になりやすい状態であるともいえます。妊娠性歯肉炎は妊娠末期になれば自然におさまりますが、その間に歯を支える組織の破壊がすすんでしまいます。

歯周病と早産

妊婦さんへのメッセージ 妊娠中は歯周病にかかりやすく、『歯周病にかかっているお母さんというのは、未熟児出産や早産を起こす確率が7倍も多い』と言われています。なんと歯周病が未熟児出産や早産を引き起こす可能性があるというのです。

つわりのため口腔内が不衛生になったり、ホルモンの影響で歯周病が悪化しやすくなると、プロスタグランジンという物質が増え、胎盤を通過して胎児の成長に影響を与えたり、子宮筋を収縮させて早産を引き起こすと考えられています。

「歯周病による早産や低体重児出産を引き起こす危険性は50%以上にもなる」とされており、これは、飲酒や喫煙、高齢出産よりも高い確率なのです。

ただし、歯周病は早期に治療すれば危険なものではないので、生まれてくる赤ちゃんのためにも、妊娠したらまず、かかりつけの歯科医院に行って、お口の中全体をチェックしてもらいましょう。

母子感染

妊婦さんへのメッセージ 生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には虫歯菌は存在しませんが、乳歯が生えてくる生後6ヶ月頃~3歳の期間に虫歯菌(ミュータンス菌)が家族内、特にお母さんからの感染が多いことがわかっています。

実はミュータンス菌は、赤ちゃんと触れ合う機会の多い家族から、食事中のスプーンの共有や口移し等によって、唾液を介してうつるのです。主にお母さんからの感染が多いので、「母子感染」と呼ばれています。

当然、お母さんのお口の中の衛生状態が悪く、ミュータンス菌が多いほど、より感染し易くなります。この時期にしっかりと感染予防が出来ていると、その後はずっとミュータンス菌が感染しづらくなります。

そうは言っても、食事の時にかわいい赤ちゃんとのスキンシップを控えるというのは、つらいことです。
ですから、お母さんはなるべく早いうちから、家族みんなで虫歯のない清潔な口を保つことが大切です。
かわいい我が子のためにも、ポイントをしっかりおさえましょう。

5つのポイント

  • お母さんのむし歯治療
  • 歯みがき習慣を身につける
  • 甘味をひかえた食生活
  • バランスの良い食生活
  • 定期的な予防治療

育児を頑張るお母様方へ

「歯が痛くて、歯医者に行きたいけど、小さい子供がいるから、歯科治療に行けないなぁ~」
「自分の歯科治療中に、子供の世話が出来ないから、虫歯治療はあきらめようかなぁ~」
「子供を歯医者に連れていくと、迷惑かなぁ?」

と、お悩み中の、小さいお子様をお連れのお母様方は多いと思います。
そこで、当院では、これらの悩みを持たれたお母様方の不安を解消する為に様々な取組みを実施しております。

託児サービスの実施

「託児サービス」とは?

いつもいつも、お子さんの 子育てに精一杯でご自分の歯のことは後回し。
そして、どうしても我慢しきれないほど痛くなってから来院されるお母さんがたくさん、いらっしゃいます。

出産直後だけでなく、子育てに手がかかる時期のお母さんは皆さん、ご自分の歯の治療や予防をしたくても 「子供を預けられないから」という理由で、どうしても歯科医院に通えない方が多いようです。そんな 頑張っているお母さんのためになかむら歯科では「託児サービス」を始めました。

託児日記ブログ

託児ルームリアルタイム動画配信

託児ルームリアルタイム動画配信 当院の託児サービスは、お母様が歯科治療する場所からは、直接伺えることが出来ない別室にて、保育士が行っております。

そこで、保護者の方の不安を軽減するために、託児サービスの様子を、歯科治療ユニットにて確認できる動画配信サービスを始めました。

この動画配信により、お母様方が歯科治療を受ける際に、ご自身のお子様の様子がリアルタイムで状況確認できるために、託児サービスに対する不安が少しでも軽減され、お母様方が歯科治療に専念することができる事を目的としています。

また、この動画配信サービスを始めることで、小さなお子様をお持ちのお母様方から、安心して歯科治療を受けることができる、というお声を沢山頂いております。

※当院外部からの託児ルームの様子の閲覧はできません。

託児イベントによる子育て支援

託児イベントによる子育て支援 当院の保育士が企画した託児イベントが年に数回開催しております。

そこでは同じく子育て中のお母さんやお子様の交流の場にもなるような、楽しい催しやみんなで相談し合えるような時間もあり、たくさんのご参加とご好評をいただいております。

無料育児相談

無料育児相談 キッズコーチングの資格を持った保育士が、無料で育児相談を行っております。

なかなか人に話せない育児についての悩みなど、一人で抱え込んでいるお母さんに寄り添いながらお話を聴かせていただいています。

託児にいらした際に、保育士に直接日時などをご相談の上、予約制にて承ります。

マタニティー歯科はこちら
TOP
院内ストリートビュー!

院内を360度のパノラマビューでご覧いただけます。

院内を360度のパノラマビューでご覧いただけます。