Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/nakamurasika/nakamura-sika.net/public_html/orthodontic/wp-includes/pomo/plural-forms.php on line 210

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/nakamurasika/nakamura-sika.net/public_html/orthodontic/wp-content/plugins/wordfence/models/block/wfBlock.php on line 536

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/nakamurasika/nakamura-sika.net/public_html/orthodontic/wp-content/plugins/wordfence/models/block/wfBlock.php on line 537

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/nakamurasika/nakamura-sika.net/public_html/orthodontic/wp-content/plugins/wordfence/models/block/wfBlock.php on line 539

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/nakamurasika/nakamura-sika.net/public_html/orthodontic/wp-content/plugins/wordfence/models/block/wfBlock.php on line 554

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/nakamurasika/nakamura-sika.net/public_html/orthodontic/wp-content/plugins/wordfence/models/block/wfBlock.php on line 557
反対咬合(はんたいこうごう)|歯並び 代表的な6タイプ|福山 矯正歯科 専門サイト

反対咬合(はんたいこうごう)|歯並び 代表的な6タイプ|福山 矯正歯科 専門サイト

反対咬合(受け口)

なかむら歯科クリニック twitter なかむら歯科クリニック facebook
反対咬合(受け口)

反対咬合
(はんたいこうごう)
下の歯が前に出る

反対咬合とは、咬み合わせたときに、下の前歯が上の前歯よりも、前に出ている状態をいいます。

原因として考えられるもの

  • 遺伝的なもの
  • 歯の生え変わりがうまくいかなかった
  • 顎や舌を突き出す癖によって起こるもの
  • 鼻疾患によるもの

ハンディキャップ

  • 顔がしゃくれているため、心理的な問題やコンプレックスにつながることが多い
  • サ行やタ行等の発音が不明瞭になることが多い
  • 虫歯や歯周病になりやすい
  • 咬む能力が低下することがある
  • 顎に負担がかかり過ぎ、顎関節症の原因になることがある
  • 体のバランスを崩し、自律神経失調症や不定愁訴の原因になることがある

この症例の特徴と悪影響

反対咬合は、成長期に放置することにより、骨格性下顎前突という、難しい症例へと進行する可能性があります。
そうなった場合、治療法として外科的に下顎の骨を切断しなければなりません。早期の治療開始をお勧めします。

成人で反対咬合の方は、見た目の問題が一番の悩みになるようです。歯の健康面においても、前歯の咬み合わせが強くなるので、前歯を早期に喪失するケースが非常に多いのです。
反対咬合は我慢できても、前歯がない状態は我慢できません。

反対咬合はその程度にもよりますが、矯正治療で十分に改善することが可能です。出来るだけ早く治療を開始しましょう。

このページのトップに戻る